それぞれがどんな機能を持っているか

キャッシングと、クレジットカードは似たようなものと思っている人もいるようですが、何が違っているのでしょう。クレジットカードは信用によって商品を買うためのカードです。

現金を持っていなくても気軽に食事やショッピングを楽しむことができます。最近は、キャッシングにも使うことができるクレジットカードが珍しくなくなってきています。

信販会社や、消費者金融会社から、個人の融資を担保にお金を借りることがキャッシングです。キャッシングサービスと、クレジットカードのサービスは、色々な箇所で違うことがあります。

クレジットはサービスの支払いを一時的に肩代わりしてもらうことですし、キャッシングは借金です。クレジット会社にしろ、キャッシング会社にしろ、カードをつくりますが、カードでできることには差があります。

キャッシングカードとしても使えても、クレジットカードは買い物のために使うものです。クレジットカードの場合は、ポイントや保険などのサービスがついています。

単なるツケ払いや現金調達といった機能だけではなくさまざまな役割を担っているのがクレジットカードの特徴です。

キャッシング機能もついているクレジットカードは少なくないですが、金利や貸付上限額などはあまりいいものではありません。クレジットカードとは違って、キャッシングカードは、キャッシングにしか使えません。

この頃はキャッシングカードを発行する金融会社も多くなっており、銀行系のキャッシングカードなどもあります。クレジットカードとキャッシングカード、それぞれがどんな機能を持っているかをしった上で使いましょう。